葬儀

葬儀の花の役目

葬儀ではお花が欠かせないものですよね。お花がないと式場が殺風景で寂しく感じてしまいます。
お花は遺族の心を慰め、故人の冥福を祈る意味もあるのだそうです。
葬儀に使われるは花には、献花・供花・枕花などあり、それぞれ意味があります。

まずは献花ですが、献花は参列者が祭壇に供える花のことです。
キリスト式ではお焼香の変わりに使われます。
あらかじめ用意された花を一人一本ずつとって祭壇に置き冥福を祈ります。

次に供花です。供花は式場や祭壇を飾る為の花です。お悔やみの気持ちを伝えるためのものでもあります。
また、献花と供花の違いとしては、献花は故人へ手向けるもので、供花は会場や祭壇などの装飾の意味もあります。

最後に枕花です。枕花は血縁者や故人と特別に親しい人が、故人の枕元にお供えする花のことです。
小カゴに白い花が入ったものを供えるのが一般的ですが、最近では故人の好きだった花を使うことも多いのだそうです。

もう一つ葬儀に使われる花があります。
花輪です。
花輪は主に故人または喪主の勤務先や取り引き先などから送られることが多いです。
個人で送ることももちろん出来ます。
個人で送る場合は花輪ではなく、供花スタンドや一般的なフラワーアレンジメントを選ぶことが多いのだそうです。
花輪は香典の代わりとして、また葬儀に参列できない人が送ることもあります。
また花輪と香典を両方送る場合もあります。
花輪は葬儀葬式に送る場合、できるだけ前日までに届くようにした方が良いそうです。

葬儀に使われる花にも色々あるのですね。