無宗教葬 葬儀

無宗教葬とは?

日本で行なわれる葬儀には、約9割が仏教によって行なわれています。
私もそうなのですが、「無宗教」の方も多いのではないでしょうか。
仏教で行わない無宗教の葬儀はどのようなものなのでしょうか。
調べてみると「無宗教葬」という葬儀が最近、話題になっているのだそうです。

無宗教葬とは、特定の宗教などの葬儀方法・伝統的な作法にこだわらず、宗教による葬儀行為もない自由な形の式で、個人とのお別れをすることです。
無宗教葬は、「自由葬」「プロデュース葬」とも言われており、故人の死を悼む遺族・近親者・友人などの思いを反映した自由なスタイル・演出で構成するオーダーメイドの葬儀です。
中でも「音楽葬」というスタイルもあり、演奏家を招いて故人の好きだった音楽を演奏してもらい葬送するものです。
仏教やキリスト教の葬儀でも音楽を取り入れることもあるのだそうです。
宗教などの葬祭儀礼も取り込んで行なうことも、ここ最近では増えているようです。
自由葬は徐々に増えつつあるのですが、まだ数は少ないのが現状です。
また流れも仏式葬儀をある程度、参考にした形をとることも多いようです。
自由葬の流れとしては、親族・参列者着席→開式の辞→黙祷→弔辞・弔電→生前故人が好きだった歌曲(生演奏・ビデオの上映など)→献花→葬儀委員長の挨拶→喪主・親族代表の挨拶→閉式の辞となります。
私はまだ無宗教葬に参列した経験はないのですが、今後参列することもあるかもしれませんね。
無宗教葬で迷うのはお布施をどうするか、ということだと思いますが、そんな時は失礼にならないお布施の基礎知識にあるように葬儀社やお寺などに直接確認するのが良さそうです。