写真 葬儀

葬儀の記録を撮るのはマナー違反ではない?

葬儀の場で写真撮影を行うことが多く見られますね。通夜の後あるいは出棺前、祭壇の前に親族が集まり、集合写真を撮るあれです。
これは葬儀社がオプションでつけているサービスの一つでもあります。
実は葬儀社以外の人に写真ビデオや撮影をお願いすることはマナー違反ではない事をご存じでしょうか。こういった撮影を葬儀社に依頼すると結構高い請求が来たりします。
葬儀に参加した際に、もしかしたら写真撮影のお手伝いをお願いされるかもしれません。
遺族から頼まれたならば、進んでお手伝いしてあげましょう。
葬儀の場で写真を撮る際のマナーについてです。遺族や参列者が嘆き悲しんでいる姿を撮るのはあまりよいものではありませんし、後で見返す写真の部類ではありませんね。
あくまでも記録として残すための写真なのですから、撮影する対象物には少し気をつけましょう。
葬式で撮影しておいたほうが良いものとして、供花・供物そして祭壇などがあげられます。
供花は、祭壇から順番に目上の人のものから並ぶというマナーがあります。
供花に記載されている名札が読みやすいように撮影しておくと、葬式の後に遺族がお礼状などを送る時の整理がしやすくなります。
葬儀の場での写真は人によっては良くない事と思う方もいますが、 こういった記録のためでしたら、決して非常識なことではなく、後々の事務整理の際にとても役立つことなのです。
常識の範疇で、マナーを守った撮影であれば決して悪いことではありません。
ただし、遺族によっては葬儀の場での写真やビデオの撮影を嫌がる方もおります。
撮影は遺族側から依頼された時のみにして自ら進んで撮影することのないようにしましょう。